補聴器がよく聞こえません。調整などは行ってもらえますか?

難聴の原因をまずよく調べる必要があります。補聴器を購入する前に、耳鼻咽喉科に受診して難聴の原因を診断する必要があります。なかには耳垢がつまって聞こえない場合や、中耳炎の治療によって難聴が改善できる場合があります。さらに、難聴が高度の場合は身体障害の認定を受けることができ、補聴器購入の支援を受けることができる場合もあります。

補聴器はメガネのように着けてすぐに役に立つとは限りません。数か月かけて慣らしていく必要があります。当院では言葉の聞き取りの検査なども行い、適切に補聴器調整をできるように補聴器販売の方に来ていただいて、補聴器の貸し出し・販売・メンテナンスをしておりますので、ぜひご相談下さい。