扁桃の膿栓(臭い玉)除去はしてもらえますか?

当院では膿栓の除去を積極的に行っております。扁桃とは正確には口蓋扁桃のことです。昔は扁桃腺といわれていました。この口蓋扁桃の形態は非常に個人差があります。大きさや埋没・突出の具合がかなり異なります。膿栓はこの口蓋扁桃のくぼみや、口蓋扁桃の上外側にたまります。膿栓は目で見えないことも多いです。のどの違和感(咽喉頭異常感)の原因となっている場合があります。膿栓は食べかすではなく粘膜上皮などの老廃物が溜まって腐敗したもので悪臭を伴います。固形の場合、粥状の場合、膿汁の場合などさまざまです。当院ではへらで圧迫したり、大きなポケットにたくさんたまっている場合は吸引して消毒したりして膿栓を排出しています。内服薬は効果がないので、定期的な膿栓除去(扁桃処置)をお勧めします。再びたまるまでの時間は個人差があります。取ってもすぐたまり減っていかない人と、徐々に減っていく人がいます。口臭の症状で悩んで来らる方は膿栓が出ない、膿栓が原因ではないことが多いです。のどの違和感で悩んでいる方は一度膿栓が原因でないか調べてみる必要があります。